アビバホールディングス

ごあいさつ

アビバグループは、1994年の創業以来、「お客様の立場に 立って考える」という基本精神のもと、アミューズメントを通じて社会に貢献したい、という一貫した想いで事業活動を続けてきました。
アビバグループは、パチンコ事業を中心とし、飲食、スポーツ、インターネットカフェなど、人々の暮らしに密着したさまざまな事業を展開しています。これらの事業に共通するのは、日々の生活に潤いと安らぎをご提供し、明日への活力としていただくことです。
現在、日本は高齢者大国へと突き進んでいますが、娯楽や飲食を通じて活力ある社会、笑顔で元気にすごせる社会になるためのお手伝いができるような新しい事業にも積極的に参入していきたいと思っています。
これからも当社の企業理念である 「ALWAYS SMILE」を忘れることなく、常に笑顔を持ち続け、「地域から愛され、社会から必要とされる企業」を目指し、アビバグループに関わる全ての方々の「もっと」をもっともっと叶えられるように、「笑顔創造企業」としていかに社会に貢献できるかを常に考え、挑戦し続けたいと思います。

株式会社アビバホールディングス 代表取締役社長 光山富夫

企業理念

ALWAYS SMILE

私たちは常に笑顔を持ち続けるとともに、アビバにかかわる全ての方々に笑顔を作っていただけるようお手伝いが出来る企業になることを宣言します。

 AVIVA―ISM=アビバイズムとは、アビバのココロです。
 アビバは創業以来、お客様と社員の「もっと」をもっともっと追求し続けてきました。お客様の「もっと」には色々な「もっと」があると思います。例えば、「快適な空間であること」、「癒しの場所であること」など、また社員の「もっと」にも色々とあります。「給与がたくさんほしい」、「休みがもっとほしい」など。
 お客様、社員の「もっと」はたくさんありますが、1人ひとりの「もっと」を実現するためにアビバイズムの9項目を掲げさせていただきました。言ってみればこれはアビバの憲法です。アビバでは、この憲法が何にもまして最優先されます。トップである社長といえどもこのアビバイズムには従わなければなりません。
 私たちはこの憲法に背くことなくアビバに関わる全ての方々の「もっと」をもっともっと叶えられるように日々の業務に邁進し、これからも地域から愛され、社会から必要とされる企業を目指します。



▲TOPへ戻る